浜田光夫 研究室

浜田光夫さんファンによる

非公式ファンサイトです。

管理人
岡 ななみ
   

 なんたって18歳!(前半)

   
    ドラマ一覧に戻る


    制作:大映テレビ、TBS
    放送期間:1971.10.5-1972.9.26
    放送時間:火 19:00-19:30 全52話
    出演話数:1.2.6-8.10.20.28.33.36.45-52話
    浜田光夫さんの役名:皆川竜二

    ♡ ストーリー ♡
    岡崎友紀さん主演のライトコメディシリーズ第2弾。
    主人公・青木まどかは大財閥の令嬢。青木家は代々女性が強い家系で、家訓によりまどかは18歳になると親の決めた相手との結婚を決められていた。そのお相手が浜田光夫さん演じる皆川竜二さん。
    そんな縁談にも嫌気がさしていたまどかは、海外旅行に出たと見せかけこっそり父の経営するバス会社に 青山はるか として就職する。



    ♡ 各話 管理人的見どころメモ ♡
    (第1話~第44話)

    まどかを追いかける 44話まで(出演話数 実質10話分)と、
    まどかの秘密を知る 45話以降(8話分)で分けました。

     第45話~第52話はこちら

    ※ 会話文は基本的に 竜二「」 、 その他『』 です。
    ※ はるか=まどか です。



  • ◇ 第1話 お嬢さんとび出す ◇
  • 1971年10月5日放送


    「まどかちゃ~ん♡」花束を手に青木家にやってくる竜二さん。
    庭で木の手入れをするお父さんに「立派な桜ですねぇ。」『これは梅だよ。』(笑)
    まどかはおばあちゃんの部屋にいるだろうと聞き、向かおうとするが止められる。『いずれ君もまどかの婿になるとわかるが、この家には掟があって、男は仏壇のある部屋に入っちゃいかんのだ。』
    「ほ~、さすが、進歩的ですねぇ。だって世間じゃ今時分さわいでいるのにこの家じゃ昔っからウーマンリブですからねぇ。」
    『それじゃ君はわかってて青木家に婿に来るのかね。』
    「僕はね、青木家と結婚するんじゃありません。まどかちゃんを愛しているんです。」
    まどかと母登場。
    「まどかちゃん!!!」
    花を渡しデートに誘うが、まどかは嫌そう(笑)

    まどかを居間で待つがなかなか来なくてイライラ。
    お婆ちゃんとまどかかと思い手の甲にキスをし怒られる(笑)自分の口を拭いてからお婆ちゃんの手も拭いてあげる(笑)
    「僕ちょっと見てきます。」とまどかの部屋へ。さっきあげたお花が投げ捨てられている(笑)
    書置きを見つけ慌てて階段落ちながら居間へ(笑)
    お母さんがまどかの蒸発宣言を読んでいる後ろでうろうろわたわたしていて可愛い。


    ☆~

    「おじさまもおばさまも聞いて下さい。こんなバカな話ってありますか。いくら親が決めたフィアンセと言っても…僕だって男です。意地にかけてもまどかちゃんの我儘は許しません。古い奴だとお思いでしょうが…(片手耳にあてて鶴田浩二さん?(笑))いやあの、僕は絶対まどかちゃんと結婚して見せますからね!」

    アメリカのまどかから手紙が届く(もちろん嘘)
    「まっ、まどかちゃん!」手紙を読む。サンフランシスコにいるという。(もちろん嘘)
    「僕はサンフランシスコへ飛びます。」
    事情を知っているお父さんが止める。
    「世界の果てまでも僕は追っていきます!」
    手紙にチュッてしたり、とにかくいろいろ必死でキモ可愛い(笑)



  • ◇ 第2話 イヤな奴が来ちゃった ◇
  • 10月12日放送


    諦めない竜二さんはまどかの友達にあたり、行方を捜している。まどかの代わりに世界中から手紙を送っている国際線CAの矢沢先輩が怪しいと睨む。
    「いろんな人と会ってきたんだけどね、どうもあなたがくさいんですなぁ。あのまどかちゃんがひとりで外国へ行ったなんてどうしても考えられないなぁ。いや外国どころかね、大阪だってひとりで行けやしないよぉ。ねんねちゃんなんだからねぇ。ねぇ~、お願いしますっ。行き先を教えてください。僕は、まどかちゃんを愛しているんです。彼女のことが心配で心配でならないんですよぉ。」
    この語尾にいちいち小さな母音がついているような話し方がたまらん。可愛い。



  • ◇ 第3話 はじめてのデート ◇
  • 10月19日放送

    浜田光夫さん登場せず。
    日活で活躍されていた杉山元さんがまどかの同級生役で現る。



  • ◇ 第4話 ガンバラなくちゃ ◇
  • 10月26日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第5話 世の中キビシィー ◇
  • 11月2日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第6話 お金儲けは楽じゃない ◇
  • 11月9日

    まどかを探しに外国へ行きたいとお父さんに直談判するも止められる。

    「どうしてダメなんですかっ。」
    『とにかく無駄な抵抗…いやいや無駄な努力』
    「なんてことおっしゃるんですかっ!僕はまどかちゃんを愛しているんですよぉ。」
    『それはよくわかってる。』
    「じゃあ止めないでくださいッ。止めてくれるなおっかさん、いやいやおとっつあん。あのね、僕は愛するまどかちゃんの為ならたとえアメリカ、ヨーロッパ、はたまた中国、ソビエト、僕は行くんだどこまでも。」

    『君、ちょっと調子が良すぎやせんかね。』
    「僕は真剣ですよ。あああ~っ、愛するまどかちゃん、君は今一体どこにいるのぉ!?君に会う為だったら僕はね、たとえ北極でもモロッコでもどこでも行きますよぉ。」
    『モロッコか。そういえば昔そういう映画があったな。主演はゲイリークーパーだ。』
    「そうですっ。僕はそのクルクル…クーパーの心境ですっ。」
    『君はそんな古い映画を知っているのかね。』
    「古い奴ほど新しいものを欲しがるものでございます。どこに彼女はいるんでございましょう。」
    また出た!鶴田浩二さん(笑)声色も渋く真似ててワロス。どんどんネタぶっ込んできて腹筋崩壊。話し方や表情や仕草もいちいち面白いからこれは絶対映像で見るべし。

    ☆~

    賞品のハワイ旅行のために友達をオーディションに連れてくるまどか。そこへお父さんと、まだ説得中の竜二さんがやって来ます。

    まどかに気付いたお父さんが必死に竜二に見せるまいと顔抑える攻防がおもしろすぎ。結局見ちゃってお父さん振り切ってまどかを追いかける。
    スタジオに逃げ込むまどか。見失いそこにいた男性に「あの、可愛い女の子来ませんでした?」
    『ちんちくりんなら来たけど可愛い子はきてないね。』
    「ああ…どちらへ行きましたかね?」
    スタジオじゃないかとのことで竜二もスタジオに入ろうとして警備員に止められる。
    「ここに僕の可愛い女の子が。ふふ。」

    はい、連行(笑)



  • ◇ 第7話 私が二人いる ◇
  • 11月16日

    バスガイドの同僚、先輩らと箱根を訪れるまどか。
    まどかそっくりのフーテンのみどり(岡崎友紀さん二役)も同じ頃箱根で無一文となっていた。みどりと友人らが掴まえた外車乗りの男はなんと竜二さん。

    「まどかちゃん!!!!!」
    まどかに逃げられた経緯を話す。
    「僕を捨てて遠い外国へ、行って行ってし~まった~♪なんですよ。」よこはまたそがれ(笑)
    可哀想だから1日まどかの代わりをしてくれることになる。(最初は「嫌や!こんなニヤけた男!」と拒否されるが竜二がお金持ちだから、今夜のディナーとホテルの為に(笑)。でもお金持ち大好きなみどりは今後も付き合ってくれると言い始める。)
    まどかに言ってほしいことをみどりに言わせたり暴走する竜二(笑)
    「すみません、あんまりみどりさんが、まどかちゃんにそっくりなもんだから、つい…」(にやにや)

    ☆~

    竜二がみどりたちを案内したホテルにはまどか一行も宿泊していた。
    ゲームコーナーでまどかと遭遇する竜二。しかしみどりだと思っている。愛しのまどかに会っているのに…(笑)
    髪型変えたんですねぇ~、と脳天気。

    「さっき言ってた、これからもずっと恋人になってくれるって話、本当ですか?」
    首を振るまどか。『だってせっかくあなたが嫌で逃げ出したのに!』
    「それはまどかちゃんでしょう。あなたはみどりさん。」勘違いに気が付くまどか。
    竜二さん、竜二さんが嫌で逃げたと知っていながら追いかけてるのね。メンタル強いね。
    鍵の部屋を忘れたと取りに戻った隙に逃げるまどか。竜二が戻ってくるとみどりが。
    「またまたさっきの話なんですが、あんな冷たいことおっしゃらずにどうか僕と付き合って下さいな。」
    『せやから言うてるでしょ、付き合ってあげるって。でもうちはお金がかかるよ?』
    鍵取りに行ったらお財布忘れたからとまた取りに戻る竜二さん。みどり『アホみたい』(笑)
    一喜一憂したり忙しいね、竜二さん。

    ☆~

    お金が目的だと言うみどりに違和感をもつ。
    「僕の愛しているまどかちゃんはそんな人じゃないんだ!慌て者でおてんばでもとっても心の綺麗な人なんだ。やっぱり僕が愛しているのは君じゃないんだ…。」
    『勝手にしっ!』



  • ◇ 第8話 私の選んだ人 ◇
  • 11月23日

    KM自動車で社長であるまどかパパが集会をしているとプップーと車を乗りつけて竜二乱入。
    「おじさまーーー!あの、まどかさんのことで大至急お話があるのですが!」
    『君、こんな所へ来ちゃいかん!』もちろんその集会にはまどかも参加しているので慌てる。パパは集会を中止にして竜二を連れて行く。

    困ってるねぇぇ(笑)
    近くの喫茶店で話を聞くと、パパとママからまどかが見つからないなら他の人とのお見合いをしなさいと勧められて困っているからおじさまからパパとママを説得してくれという話。
    「あのね、僕はまどかちゃんを愛しているんです。まどかちゃん以外の人とはどうしても結婚する気になれないんです。」←わたわたバタバタしながら(笑)
    『どうしたんだね、君。さっきから落ち着かないみたいだけど。』
    「トイレ行きたいんですよ。」
    『トイレくらい行ってきたまえ!!』
    「僕はトイレへ行くのを忘れるくらい!まどかちゃんを愛しているんです!…でもちょっと行ってきます」
    まどかが店に入って来る。慌てるお父さん。途中石鹸を借りに出てくる竜二からまどかがバレないようにするのに必死(笑)

    「すぐ戻ってきますからね、すぐですよ。」とトイレに戻っていく竜二。いいから早く行きなさいよ(笑)
    「あ~、すっきりしたっ!」と戻ってきて、もうまどかはいないのに、コックさんも含め3人でドタバタ



  • ◇ 第9話 すてきな男の子 ◇
  • 11月30日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第10話 タダほどつらいものはない ◇
  • 12月7日

    庭先にて竜二とまどかパパ。
    『何!?まどかがバスガイド?」 「パパっ!よくも騙してくれましたねぇ!」
    『そんなバカな!まどかは今カナダのモントリオールだよ。』
    「東京ですっ!それもですよ、パパ!!!」
    『まだパパじゃないよ、君。』
    「ああそうでした。では社長!!!」
    『なんだね君そんなに大きな声を出して。』
    「大きな声も出したくなりますよ!いいですか社長っ!こともあろうにまどかちゃんはKM自動車のバスガイド!」
    咳き込むパパ。
    「大丈夫ですか、社長。パパ。パパ社長。」(笑)
    『大丈夫だ。君今、なんと言ったかね。』
    「ですからっ!こともあろうにまどかちゃんはあなたの会社にっ!!!」
    また咳き込むパパ。
    『やめてくれ!まどかがうちのバスガイドなんて!馬鹿馬鹿しいにもほどがあるよ!あはははは!(爆笑)』
    「ダッ!!☞ 笑ってごまかさないで下さいっ!信頼すべき筋の情報によれば、あなたは最近、特に社長命令でバスガイドを一人採用したそうじゃありませんか!」
    『だはははは!(爆笑)何が「信頼すべき筋によれば」だ!冗談もほどほどにしてくれ!(爆笑)』

    「あはははは!笑ってごまかさないで下さいっ!いいですよ、自分で行って確かめてきます!」

    ☆~

    所長(藤村有弘さん)に皆川竜二という男が来たら危険人物、いや、頭のおかしな男だから気をつけるようにと言っておくパパ(笑)
    MK自動車に本当に確認に来る竜二。応接室でそわそわ待ってるのが可愛い(笑)
    所長が連れて来たのは前話に喫茶店でまどかが無理矢理パパに紹介状を書かせた畑野さん。
    「これまた人違いっ。絶望!暗澹!破滅!真っ暗!」

    所長『やっぱりイカレとるわ…』(笑)

    ☆~

    そんな竜二に会わすまいとまどかは日光へのガイドに出されていたが、そちらでもすったもんだあり、警官が婚約者が蒸発したので東京から死に場所を求めてやって来て崖からと飛び込もうとしていた男を保護したと報告を受けるまどか。運ばれた来た男はやはり竜二さん!というオチでした(笑)



  • ◇ 第11話 なんたって火の用心 ◇
  • 12月14日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第12話 クルシミマスだわァ ◇
  • 12月21日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第13話 帰りたい 帰れない ◇
  • 12月28日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第14話 今年はついてるゥ ◇
  • 1972年1月4日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第15話 大脱走なのだ ◇
  • 1月11日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第16話 お嫁に行きたい ◇
  • 1月18日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第17話  すべってころんで大脱線 ◇
  • 1月25日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第18話  シンガポールのバスガイド ◇
  • 2月1日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第19話  島のアンコは大騒ぎ ◇
  • 2月8日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第20話  昨日の敵は今日の友 ◇
  • 2月15日

    鹿児島からはるかの乗るバスのツアーに参加した男性が野呂圭介さん。『午後からもう一人途中参加する』と言っており、泉岳寺で合流したのが竜二さん!学生時代からの友人だという。駆け寄って来た竜二を見て逃げるはるか。
    竜二の顔を見て『恥ずかしがるほど良か男でもないのにねぇ。』ww
    『久しぶりだのう!』「懐かしいのう!」と肩を叩き合う。良いねぇ。野呂さんも日活の先輩で何本も共演してるよね。
    『バスガイドがお前の顔見て恥ずかしがって逃げて行ったぞ。』
    バスで待ちながらそわそわしている竜二さんに『落ち着けよ』と岩山さん(野呂さん)。
    「いくらそのバスガイドが俺に一目惚れしても、俺にはれっきとしたフィアンセが。」
    『逃げられたんじゃろ?そんな薄情な女忘れて乗り換えるんだよ。俺がそのバスガイド紹介してやるから。』

    しかし、はるかは伶子(松坂慶子さん)とバスを交代する。みんなで追うもはるかはもともと伶子の乗っていたバスを急いで出してしまう。
    竜二「遅かりし由良之助かな?」

    ☆~

    喫茶店で岩山と竜二。岩山ははるかに惚れてしまったと言う。
    「お前が、女に?(笑)…だけど、KM自動車にそんなにいい女がいたとは知らなかったなぁ。へちゃむくれなんじゃないのかい?」
    『馬鹿なことをぬかすな!最高の最上だよ!』
    「本当に惚れちまったのか?」
    『惚れた!!」歌い始める野呂さんwww
    「これは相当な熱の上がりようじゃ…(額に手を)熱ちっ!」
    『俺はあの人のことを思うと胸がキューッと痛くなるんだよ。』

    「わかるっ!!俺だってな、まどかちゃんを思うとこう胸がキューッと切なくなるんだよ。」あなたたち同じ人物のこと思ってますよ(笑)
    KMバスのドライバーの卓丸(平泉成さん)登場。事情を話す。
    「ねえ君、どうだろうこの際応援してくれないかな?!こいつ学生時代応援団にいたんだがどうだい見てくれこのしょげた顔。これが恋をした男の姿だ。どうだ、応援してくれないかな、君。」
    卓丸『お手伝いしましょう。』

    竜二・岩山「ありがとう!!」

    ☆~

    バスガイドたちの寮の外で、ギターを弾く卓丸。
    どうしたらいいかわからないと言う岩山に見本を示す竜二。
    「はるかさん~、僕はあなたのことを思うと~この胸が~痛くなるのだ~」
    方言になったりたどたどしくなる岩山さん。竜二さんの見本も良くはないけど(笑)
    はるかが窓からのぞく。が、竜二を見つけ引き戻る。まどかだからね。
    『もうよか!俺は俺の流儀でやるっ!』と応援団仕込みの変な告白を叫び続ける。
    先輩(十勝花子さん)がうるさい!と卓丸・竜二もろとも、バケツごと水をかける。

    3人でびしょびしょのまま、また先程の喫茶店。

    竜二「冷えたねぇ。」
    卓丸『冷えましたね。』
    岩山『俺の心も冷えた。』
    竜二「しらけたね。」
    卓丸『しらけましたね。』
    岩山『どっちらけましたねぇ。』



  • ◇ 第21話  大魔術なのだ ◇
  • 2月22日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第22話  悲しい恋の物語 ◇
  • 2月29日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第23話  パリ・ハワイ・ニッポン ◇
  • 3月7日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第24話  ロマンスがいっぱい ◇
  • 3月14日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第25話  修学旅行・修学旅行 ◇
  • 3月21日

    浜田光夫さん登場せず。
    修学旅行で訪れた女学校の先生役で日活の伊藤るり子さんが登場!



  • ◇ 第26話  ワンワン騒動記 ◇
  • 3月28日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第27話  なんたって80歳 ◇
  • 4月4日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第28話  まどかちゃんがいっぱい ◇
  • 4月11日

    まどかはバスガイド仲間の陽子のお見合いの身代わりをすることになる。そのお見合い相手も恋人がいるため代役を行かせることに。その友人がなんと竜二さん!
    僕にだってまどかちゃんがいるからいやだ!と拒否するが、外国だから大丈夫だよ、代役やってくれなかったら学生時代のあのことをバラすぞ、と脅される(笑)
    「困ったなぁ~、困ったぁ~、本当に困ったなぁ~↓」この言い方が本当に可愛くって可愛くって意識が遠のきそう(笑)。
    卓丸を見つけ、卓丸に行かせようとするも失敗。
    ごまかすのに窓の外の海に「海は広いな大きいなぁ~」www

    海に向って「まどかちゃ~~~~~ん!僕はたとえ誰とお見合いをしようと、君を愛しているんだ~~~~~~~~」

    いざお見合いの日。 向かう途中にバスガイドの主任さん(春川ますみさん)とぶつかり気を失う。気付くと主任がまどかちゃんに見える。抱き着いて、主任に殴られる。

    鴨川シーワールドにてデート。ショーを観ているまどかの隣に竜二さんが座る。
    手を握り顔を見る。「まどかちゃん!!」逃げ出すまどか。

    係りのお姉さんもみんなまどかちゃんに見える。
    庄司さん(友人)『まどかちゃんがいるわけないだろ。さっき頭を打ったときにおかしくなったんだよ。』
     
    確かめて見てる(笑)
    「そうかなあ。やっぱりおかしいらしいなあ。」

    主任に追いかけられる竜二さん。「やだやだやだ!あぁ~~~助けてぇ~~」いつもは追いかけてばかりだから新鮮だね(笑)

    庄司を見つける竜二さん。「ここにいたのかぁ。俺やだやだ、もう!帰っていいだろっ!」←この言い方も可愛すぎて意識が遠のく~(笑)
    そこに陽子カップルもおり、お互い代役でのお見合いになっていたことを知る。陽子の身代わりはバスガイドのはるかだと聞き「そうか~ガイドさんかぁ~。それをまどかちゃんと思ってしまうだなんて、おれもどうかしてたなぁ。」←もじもじしててキモ可愛い(笑)
    『わざわざ来てもらったのにすまないことをしたな。』
    「いやいやいいんだよいいんだよ。頭打ったおかげで大勢のまどかちゃんに会えたんだ。」ポ!ジ!ティ!ブ!!!(笑)
    まどかが来る。竜二に気付いたまどかが逃げる。「まどかちゃん!まどかちゃん!ままままどまどまどかちゃん!まどかちゃん…」追いかけていく(笑)
    ゲーム機の蔭に身を潜めるまどかをじりじりと追い詰め「ウウン!(咳払い)」こわい!(笑)

    ↓振り向くとこの顔(笑)

    観念して出てくるまどかに「一見、君まどかちゃん!しかし君はただのバスガイド!ただのブス!ただブス!ハハァッ(笑)」と言い去っていく。にくたらしいわ~wwww



    ☆~

    駐車場にて、帰ろうとする竜二を『運転大丈夫か?』と心配する庄司。
    「うん!もうすっかり良くなったよ。」
    バスに乗るために走って来るまどかを見つける。やっぱりまどかに見える…
    「やっぱりまだおかしいのかなぁ…」
    不安そうな竜二さん。本当にまどかだから大丈夫だよ(笑)頭打ったおかげでまどかはまどかだとバレずに事なきを得る。

    本人いないところで「にやけた男」とか「へなちょこ」とか称されてて笑った。私から見たら可愛くて可愛くてたまらないけどそういうキャラ設定なのね。



  • ◇ 第29話  催眠術はもうたくさん ◇
  • 4月18日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第30話  まどかの大冒険 ◇
  • 4月25日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第31話  あこがれのポテトプリンス ◇
  • 5月2日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第32話  花嫁代行でーす ◇
  • 5月9日

    浜田光夫さん登場せず。
    山内賢さんが登場!浜田光夫さん出ていない回で残念。



  • ◇ 第33話  京都の恋人 ◇
  • 5月16日

    まどかはCAの矢沢先輩と京都旅行へ。
    同日、竜二も京都のお嬢さんと気の進まないお見合いをしていた。お見合い中の愛想笑いが全然笑えていなくてかわいい!
    しかもまどかと同じホテルに泊まっているんですねぇ。

    入浴シーン!!!♡

    「僕はね、親父の義理で見合いなんかしちまったけど、本当の僕の心は、いついつまでもどこどこまでも、君のことを愛しているんだよ。わかってくれるね、まどかちゃんっ。」一人で言いながら、目の前の男性の肩を叩く(笑)
    立ち上がる男性。背中にご立派な刺青。
    「♪いい湯だな♪はははん♪」wwww

    お風呂上りの竜二を廊下で見つけるまどか。

    ☆~

    お見合い相手とその叔母とダンスショーを観る。合わせて踊ってしまう竜二さん(笑)ここでも愛想笑いがかわいすぎるよ!!


    ステージに上げられるまどか。あれ!?と目を凝らす竜二さん。

    ☆~

    1人でいる矢沢さん(まどかの先輩)を見つけ声をかける竜二さん。
    昨夜のダンスショーを思い出し、まどかと一緒なのではないかと疑う。誤魔化す先輩。
    叔母さんが呼びに来て連れがいると知った矢沢さんに逆に脅される。
    『まどかが知ったらどう思うでしょうね?』
    「君ぃ、それはないよぉ!」
    矢沢さんが去り、叔母さんに咳払いされたときの表情が好き(笑)


    お見合い相手の京都のお嬢さんは蔭で「あの人いやや。なんやぼやーっとしててちっとも頼りにならへんえ。うちの理想の人はきりっとしてて……宝塚の男役の人がええな。」と言い出す。竜二さんいつもそういう扱いされるよね(笑)

    竜二からバレないようにと少年から服を借りるまどか。そのまどかに一目惚れしたユキエさん(お見合い相手)は1人でまどかをタクシーで追う。
    「ああ~、行っちゃった。」とのんきな竜二に『なにぼんやりしてますの!はよユキエを追いかけておくれやす!」と叔母はイライラ。
    「あ、タクシーですね。タクシー、タクシー!ハイヤー、ハイヤー!」www
    『ほんまにドジなお人どすな!どないしてくれはりますの!!』
    「どないもこないも、来ないもん、タクシー。」wwww
    叔母呆れ。いちいちおもしろいよ、竜二さん!

    ☆~

    ユキエとまどかが二人でいるところを叔母が見つける。そこで竜二とお見合いをしていたことを聞くまどか。
    そこへやって来る竜二さん。
    「やぁ、こんな所にいらしたんですかあ。ははははは。」
    逃げるまどか。それを追うユキエ。それを叔母に追わされる竜二。叔母に『早よぉ捕まえて!』と言われても「はぁ?」「はぁ。」とぼやぼやしている(笑)
    それぞれ走って追いかけるも最初にバテる竜二さん(笑)

    そんな追いかけっこの途中でKM自動車の所長さん(藤村有弘さん)と出くわす。
    所長、竜二を捕まえ『これはいったいどうなってるんです?』
    「いや、どうもこうもね、好きでもない女の子を義理で追っかけてるんですよ。」
    二人で顔を見合わせ 「あれ?」『あれ?』 「あなたは」『あなたは』 「『ですね!!」』

    これはどうも、と嬉しそうに握手。前に会っているもんね!
    実際にも、藤村有弘さんも日活でお馴染みだったから嬉しい共演だね!!

    まどかとユキエが二人でいるところ、『ビューティフル、ワンダフル!』(所長の口癖)と、すっかり意気投合した所長と竜二が仲良く二人で歩いている。また逃げるまどか。

    今回もまどかちゃんには会えませんでした。



  • ◇ 第34話  走れ まどか ◇
  • 5月23日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第35話  フェリーに乗って北国へ ◇
  • 5月30日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第36話  ピリカメノコは恋の花 ◇
  • 6月6日

    35話で、新ルートの下見で5号室のメンバーと北海道へやって来るまどか。

    新千歳空港には竜二さんの姿が。お父さんの会社の本社の開発事業部の部長として北海道で初仕事。まどか一行のいる樽前ハイランドへ。
    北海道支社の市川さんにお坊ちゃま扱いされ怒る。「それじゃまるで親の七光りで部長になったみたいじゃないですか。」
    『お坊ちゃまが開発事業部長におなりあそばしたのはそれなりの貫禄がおつきになったからでございますよ。』
    「そうかしら?そういえばなんとなく出てきたような。(お腹さすりながら)ははっ。」
    社員たちクスクス

    ☆~

    支配人に連れられ樽前ハイランドを見て回る。まどか一行と何度もすれ違う。

    まどかも竜二もお互いに「あれれ?」


    プールに飛び込もうとするも、やはりゆっくり入水。横から飛び込んだ人の水しぶきバッシャー!(笑)
    飛び込もうとするところかっこいいのに、やはりいいとこ無し(笑)
    それを目撃して竜二に気がついたまどかは慌てて逃げる。
    プールサイドにいる卓丸(平泉成さん)と伶子(松坂慶子さん)を見つけ声をかける竜二。
    「いやぁ、まったく奇遇だねぇ~。この人君の、恋人?」
    否定する卓丸に「またまたまたぁ~、隠すぅ~。いいからいいから。ね~。君たちはいいねぇ、恋人同士でこんな所に来れてさぁ。僕は不幸な男だぁ。全く絶望的に不幸な男なんだぁ。あぁ、まどかちゃ~ん。僕の可愛い人ぉ~。今君は、どこでどうしておじゃるやら?」途中から独り言だし(笑)おじゃるやら?って!!!
    この語尾にいちいち小さな母音付いてるような話し方が本当にかわいい!


    ☆~

    北海道のアイヌ民族のピリカメノコの架空の物語。ピリカメノコはまどかです。
    隣のコタンの青年・タクマ(卓丸)とお侍さん・竜二郎(竜二)の間で揺れる。「まどか殿は絶対に拙者の妻にしてみせるわ!」

    ふだんの竜二さんと違って凛々しい~!
    タクマの許嫁(伶子)が登場する。
    竜二郎「そなたはやはり、拙者の妻となるべきお人じゃ。なんの、国元に立ち戻っても、そなたがアイヌ娘じゃとて、決して肩身の狭い思いなどさせはせぬ。いや、そなたが望むなら、皆川竜二郎、潔く大小を捨てて、この地で一生を送っても良いのじゃぞ。」キリリとしてカッコいいね~!
    ふたり決闘をしお互い斬り合う。
    ~ここまで空想~

    ☆~

    次の日、竜二は市川さんに勧められ支笏湖へ向う。そこでまたまどかたちKM自動車一行と遭遇。
    「やぁ。」と手をあげにこにこ近付いてくる竜二。まどかは近くの船に逃げる。
    KM自動車北海道の所長代理と、「いかがですか?ご印象は?」『ええ、素晴らしい!』「わが社とのタイアップの方は…?」と会話を交わす。ちゃんとお仕事してる~!(笑)
    重役に決定するよう報告する、と言う先方に「いやぁ~、ありがたいっ。なにしろね、これが僕の初仕事なものですからねっ。」とにこにこ嬉しそう。

    まどかの隠れていた船が出航してしまう。
    今回もまた竜二さんはまどかに気が付かずでした。



  • ◇ 第37話  秘密がバレちゃった ◇
  • 6月13日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第38話  泣きぬれた名人 ◇
  • 6月20日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第39話  空を飛ぶよな恋をした ◇
  • 6月27日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第40話  まどか捕物帖 ◇
  • 7月4日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第41話  まどかとパパの結婚騒動 ◇
  • 7月11日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第42話  あこがれのサロンバス ◇
  • 7月18日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第43話  剣豪まどか ◇
  • 7月25日

    浜田光夫さん登場せず。



  • ◇ 第44話  恋か仕事か悪法フンサイ ◇
  • 8月1日

    浜田光夫さん登場せず。



    第45話~第52話はこちら

    ドラマ一覧に戻る

inserted by FC2 system