浜田光夫 研究室

浜田光夫さんファンによる

非公式ファンサイトです。

管理人
岡 ななみ
   

 青い山脈

   
    配給:日活

    公開:1963.1.3

    監督:西河克己

    脚本:井手俊郎、西河克己

    共演:吉永小百合、高橋英樹、田代みどり、芦川いづみ、二谷英明

    浜田光夫さんの役名:金谷六助

    ♥ ストーリー
    古い考えの残る女子高に転校してきた新子(小百合さん)。男の子と仲良くする新子を良く思わないクラスメイト達が偽のラブレターをよこす。島崎先生に相談するも、いつしか町全体巻き込んだ騒動と発展する。
    保守的な古臭い慣習に立ち向かう島崎先生(芦川いづみさん)と、校医・沼田先生の恋模様の方がメインになっているような気がするのは私だけだろうか。全体的に「美しい暦」みたい。原作を読むべきかと思う。

    当時の近代映画浜田光夫さん特集号の、匿名記者座談会でこの作品の浜田光夫さんのことを評価している部分がありましたので、引用させていただきます。Aさん、Bさん、Cさんが浜田光夫さんについて評論を繰り広げる内容でした。
    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
    C 「青い山脈」これだな。これは大きかったね。この浜田は、二枚目だけど損な役を、実にハツラツとやってたもの。
    B あの話は三枚目ばっかり活躍しちゃう話なんだよね。あの六助って役は、いいようで、本当は影が薄いんだ。浜田だからこそ、あそこまで見せた、といえるな。
    A このへんが決定打かな。今年になって、一段と人気が伸びてきた感じだものね。
    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
    匿名だからって言いたい放題してるけど、この作品については皆さん高評価なんですね。なるほど。たしかに重要なポジションではあるものの目立った活躍はしていないかも。でもこの役は浜田光夫さん以外考えられない。ハマりすぎ!他の「青い山脈」の六助さんも見てみようかな。

    ♥ 個人的に好きなシーン

    六助さんが店番をする商店に卵を売りに来る新子。のんきな感じが良い。新子に「間が抜けてるわね」とか言われちゃうけど、そこが良い。とても良い。
    「君、高校生?」「そうよ。」「何年生?」「3年よ。」
    「君、料理できる??」の詰め寄り(笑)
    両親が不在のためご飯が食べられず困っているという。もう子供じゃないんだから自分で作りなさいよ(笑)作ってくれなきゃ卵買ってあげないぞ、と強気(笑)
    「おなかペコペコなんだよぉ~」という六助さん、か!わ!い!す!ぎ!る!
    半ば強引にキッチンに向かわせる。

    「できたわよ!」と声をかける新子。
    「いやぁ、わるいなぁ~」とへらへら居間へ来る六助さん。これ!!!!私の大好きな浜田光夫さん!!口では謝りながら悪びれる様子もなく笑っている。こんなキラキラ笑顔で、いやぁ、ごめんごめんとかズルい。何でも許しちゃうよ!

    一口食べて「どうにか喉を通るね!」(笑)

    卵代20個分200円を請求される(笑)
    20個も一気に使ったのか!!まぁね、六助さん失礼だからこれくらいはしてやらないとね(笑)

    ネズミが出て、キャーッと六助さんにしがみつく、というか押し倒すというかなぎ倒す(笑)このドサッと倒れた時の浜田光夫さんの前髪を見て頂きたい。ファサァッとなっている。芸術・・・。

    このなんてことない出来事が、大問題に発展するんですね~。


    新子が学校帰りオートバイに乗っているとラグビーボールが飛んでくる。
    取りに来たのが、
    「なぁんだ!卵屋さんか!」六助だ。
    大学生の友達ガンちゃん(高橋英樹さん)とラグビーに興じていた。六助さんは浪人生。のんきだな・・・

    「あなたのせいで大変なことになっている」と言う新子と座って話そうということになり、道端に座るんだけど、この時、葉っぱをよけてあげる仕草が好きすぎる。浜田光夫さんの仕草ひとつひとついちいちツボなんですけど!!!!

    この後ガンちゃんがケガして寮に行くんだけど、男子だらけの中にいると浜田光夫さんの可愛らしさが際立つよねぇぇぇ。いつも可愛い小百合さんの横にいると忘れがちだけど。あああ、浜田光夫さんって可愛いよなああああって改めて感動する。


    沼田先生の所で作戦会議した後、新子と二人で帰り道。両親に会わせたいから家に来てくれないかと提案。その前に私の家に来て、今まで見ていない家での私を見て、それで判断してはどうかと新子。なんだかいつのまにやらいい感じじゃないですか~。

    そして改めて新子の家を訪ねる六助さん。ガンちゃんも連れて来ている。
    立場逆だけど、プライベートで英樹さんが一人じゃ恥ずかしいからって、嫌がる 浜田光夫さんや山内賢さんを宝塚に同行させていたエピソードが思い浮かんでくる(笑)こんな感じだったのかな(笑)
    ひげを剃っていたガンちゃんに「締まらないわね」と言う新子。その横でハッハッハッ!と笑う六助さん。ああ可愛い。六助さんほんと可愛いわ。

    その日は新子の家がピンチで、鶏を夜輸送するという日だった。協力するよ、と六助さんとガンちゃん。
    そして夜。追手と乱闘!珍しい!かっこいいアクションシーンというより、普通の平和な学生たちが頑張っているという感じ。平和。
    この辺の問題はどうなったとか深く描かれていない。原作を読む必要がある。読みたい。原作復刻してほしい。

    さて本題はPTA会議にまで発展するも、風変わりな文学青年ガンちゃんやみんなの頑張りでどうにか事は収まり、ラストは5人で山へサイクリング。島崎先生、沼田先生、新子、六助さん、ガンちゃん、和子という面々。
    島崎先生に告白しようとするもなんだかはっきりせず口ごもる沼田先生。いっぽう六助さんは山の上から大声で「俺は新子さんが好きだ―ーーーー!!!!!!!好きだーーーー!!!!!!!」その横で新子も「私は六助さんが好きだーーーーー!!!!好きだーーーー!!!!」嘘でしょwなにこの展開wwwでも嫌いじゃないwww他の人がやったらドン引き興ざめだろうけど、浜田光夫さんと小百合さんだと許せる。魔法。
    そして触発された沼田先生もはっきり島崎先生に告白。返事はOK。おめでとう~!
    「次はガンちゃんの番ね。」と和子に言われ、ガンちゃん「俺は海が好きだ―ーー!!!!!」wwwいやいやガンちゃんいつもいいとこ持っていくわ~。
    めでたしめでたし。

    予告編だと、先生に触発されて六助さんも「よぉ~し!」って好きだと叫ぶ流れなんですね。逆ですね!!


    長期に渡る彦根ロケも、出演者に同年代が多かったこともありとても楽しかったそう。滞在していたホテルではみんなで枕投げして盛り上がったそうですよ。いいなぁ、楽しそう!

inserted by FC2 system