浜田光夫 研究室

浜田光夫さんファンによる

非公式ファンサイトです。

管理人
岡 ななみ
   

 甦える大地

   
    配給:松竹

    公開:1971.2.26

    監督:中村登

    脚本:猪又憲吾

    共演:石原裕次郎、三國連太郎、川地民夫、北林谷栄

    浜田光夫さんの役名:坂口(茨城県開発課)


    ♥ ストーリー
    砂地が広がる鹿島を工業地帯にしようと夢見る男たちの姿を描く超大作。


    ♥ 好きなシーン

    浜田光夫さんは、茨城県開発課の職員。裕次郎さんの後輩。鹿島臨海工業地の開発計画のため立ち退き区域の住民たちの説得、立ち退き後の住民の生活をより良くするべく奮闘する。

    あまり出ないのかな~と思いきや、冒頭11分で登場。裕次郎さんと走り回っています。

    鹿島の学校へ足を運び職員室で再開発のパンフレットを配る。
    「先生方、どうぞ宜しくお願いします。農工両全です!地元の為の開発ですから、どうぞ、生徒たちにもよくわかるよう説明してやって下さい!」
    ハキハキしておる…

    ☆+.°

    上の人の話を真剣に聞いている。かわいい。


    ☆+.°

    お墓参りをしていたおばあちゃん(北林谷栄さん)をオートバイの後ろに乗せて家まで送ってあげる。


    「さあ、着いたぞ!おばあちゃん。」
    乗り物が怖くて具合を悪くしてしまったおばあちゃん。
    家に上がり、振る舞われた落花生を「うまいな、これ。」と食べる。
    本題である開発計画のこと、立ち退き区域に入っていることを説明するも、おばあちゃんはまだうずくまているのでとても話をできる様子ではない。
    「また出直してきます!」と立ち上がる。コップにお水を汲み「はい、おばあちゃん。」とおばあちゃんの傍に置いてあげる。優しい。(そもそも半ば強引にオートバイに載せるからいけないんだけども。笑)

    ☆+.°

    嵐で建設中の港が流され、住民の反対の声がさらに強くなる。必死に説明しているところ、坂口さんのもとにおばあちゃんが承諾書類にハンコを持ちやってくる。


    「おばあちゃん、どうもありがとう!」
    信用してもらえたね。よかったね。

    ☆+.°

    しかし、計画は難航。
    職員たちは反対派の住民たちに理解されずひどい仕打ちを受ける。塩かけられたり。
    住民の気持ちもわかるけど…

    あのおばあちゃんも、亡くなったおじいちゃんのお墓も港にされると住民に教えられ、坂口さんに裏切られたと誤解。
    そこへ坂口さんが来て「またじっじの墓そうじか。」と話しかけるが「お前なんか見たくねえよ。」と言い去っていくおばあちゃん。

    同僚たちとお酒(松竹梅)を飲んで開発ブルース歌うシーン良い。酔ってる浜田光夫さんかわいい。

    ☆+.°

    駅で東京から来た野田さん(三國連太郎さん)に会い、県庁へお連れする坂口さん。「お持ちしますよ!」って荷物持ったり、気の利く人だ…気持ちがいい。


    ニコニコ嬉しそうに植松さん(石原裕次郎さん)に報告。
    坂口「とうとう来ましたよ!野田さんですよ!ついさっき県庁に!」
    植松「本当か?」
    坂口「嘘言ったってしょうがないでしょう!今頃きっと知事と…!」
    本当に嬉しそうで可愛い。

    ☆+.°

    野田さんが来て価格を上げたことで土地は買い上げられるようになったが、代わりに住んでもらう土地があまりにひどい。
    植松さんとその予定地に来た坂口さんは、植松さんに尋ねます。
    坂口「こんな荒れ地を代わりにやって、こんなことでいいんですか?」
    植松「ここに川底の土を運べないかな…」
    坂口「川底の土を??」

    植松「日本一の農地になるぞ。」
    坂口「日本一の?」
    植松「だが運ぶ方法がない。トラックというわけにもいかんしな。」
    坂口「そうですね…」
    植松「いい知恵浮かばんか?」
    坂口「うーん、川底の土でしょ。港の土をさらうわけにはいかないのかなー。パイプで。」

    植松「お前今何て言った?」
    坂口「パイプですよ。」
    植松「そうだ!!それだ!!パイプだ!!」
    坂口さんナイスアイディア~♪

    ☆+.°

    パイプ作戦は成功。上質な泥に喜ぶ地元の人々。


    「その土はトマトでもピーマンでも、あと10年は肥料なしでOKですよ!!!」

    ☆+.°

    そんな努力の甲斐あり、住民の承諾を得られていく。
    このおじさん、前に塩かけて追い払ってた人だ…わかってもらえて良かったね…!



    ☆+.°

    お墓の引っ越し先におばあちゃんを連れてきた坂口さん。

    「墓の引っ越し先はここなんだよ。今はまだこんなだけど、立派なのができる!きっと、じっじも喜ぶよ!団地は近いし、海だってそんな遠くない!ほら、風に乗って潮のにおいがしてくるじゃないか。……おばあちゃん?」
    「坂口さん、おら、あんた信用すっぺ。」


    ☆+.°

    完成セレモニー。花火の音が聞こえてきます。
    職員たちは参加もできず、社員寮。

    坂口「えらく派手に鳴るな。」
    同僚「鹿島は歴史に残っても、我々がやったことは誰も思い出さないだろうな。」
    同僚(川地民夫さん)「みっともないこと嫌なこと、ずいぶんやってきた。でもそうやらなきゃできなかった。」
    先輩「それでいいのさ。苦しかった思い出は俺たちの胸に生きるよ。」
    坂口「でも今日の祭りは、所詮雲の上の祭りですよ。」
    先輩「いいじゃないか。そのうち俺たちの祭りをやろう。本当の土民の祭りを。」
    「いいな、そいつは!」

    坂口さん(左端)落花生的なものずっとぽりぽり食べているの可愛い。

    「終」

    こういう人たちの努力があって、開発がなされていくのですね。
    制作は石原プロモーションなのですが、この当時経営はかなり厳しかったみたいですね。社史によると。
    当時所属の俳優さんはほとんど出演しているみたい。日活出身では、浜田光夫さん、川地民夫さん、小高雄二さん、武藤章生さん等。

    浜田光夫さん演じる坂口さんと北林谷栄さん演じるおばあちゃんの関係がいいよね。

    いつも一生懸命で、ハキハキしていて、見ていてとても気持ちの良い職員さんでしたね。

inserted by FC2 system